企業法務とは

企業が活動すると、たくさんの法律が関わってきます。
この、企業活動に関わる法律上の業務を企業法務と総称します。
企業法務は、会社の設立や取引、人事、労務といった活動に密接に関わっています。
具体的には、顧客からのクレームの処理、社内での労務トラブル、社外の契約トラブル、契約書の作成やその内容確認、社内のコンプライアンス維持のための運動などがこれにあてはまります。
こういった法律問題は専門知識を要しますし、その解釈は独特でとても難しいものです。
そのため、素人では理解できない特殊な事例もたくさんあります。
社内や社外でのトラブルを未然に防ぐためにも、専門家に意見を聞くべき場面が多くあります。
そのため、企業の中には、法務部がある場合もありますが、多くの企業の法務部では専門知識のない一般職員が配属されている場合が多いです。
中には法律を学生時代に勉強している人もいますが、実践的に用いている法律家でないと解決できない問題もたくさんあります。
そのため、サポート役として顧問弁護士がつくことが多いのです。

顧問弁護士がつくことで、メリットもあればデメリットもあります。
そこで、ここでは企業法務や顧問弁護士のメリットとデメリット、雇用の際の注意点について紹介していきます。
顧問弁護士がいることで、法務体制が守れ安心できると思われがちですが、絶対に安全なわけではありません。
企業が安心して活動するためには法務がしっかりしていることはとても大切です。
きちんと事前にメリットやデメリットを理解し、企業活動を行うようにしましょう。



~特集~
社内や社外でのトラブルを未然に防ぐために弁護士と顧問契約を結べるサイトです > 弁護士 顧問契約